2021年を占う!パーソナル紫微斗数命理学(運勢学)

2021年は「辛丑(かのとうし)」六白金星の年になります。「辛」は現状を打破し新しいものへ、「丑」は古い殻を脱ぎ捨て新たなスタートを切るという意味があります。

紫微斗数命理学では2021年は2月12日、旧暦のお正月=春節より新しい運勢のスタートを切りました!

今回はよりパーソナルなアドバイスができるよう生まれ年の十干を元に占う「紫微斗数命理学(しびとすうめいりがく)」で占っていきたいと思います。

紫微斗数占いは人間の宿命や傾向運気の流れを詳しく知る占術。ご自分の生まれ年を探してみてくださいね。

★生まれた年に「甲」(きのえ)がある人

昭和29.39.49.59 年 平成6.16.26 年生まれ

両親、目上の人との関係が良好となります。職場の上司との関係もよくなり縁も深くなります。またお商売をされている方はお客様運もよく、またその人からチャンスが与えられます。

★生まれた年に「乙」(きのと)がある人

昭和30.40.50.60年 平成7.17.27年生まれ

気持ちの切り替わりが上手にできストレスを溜めにくい1年になりそうです。趣味や好きなことを積極的に行ってください。趣味がお金に変わる暗示があります。

★生まれ年に「丙・戊」(ひのえ・つちのえ)がある人

昭和31.33.41.43.53.61.63年、平成8.10.18.20.28.30年生まれ

仕事運に恵まれます。仕事に対する目的、目標を明確にもつことで運が味方します。「ラクだから今までのままでいいはNG」です。資格試験や検定試験に吉、転職OKですが、全ての事柄に対して努力するのが前提です。

★生まれ年に「丁・己」(ひのと・つちのと)がある人

昭和22.24.32.34.42.44.52.54.62年、平成1.9.11.19.21.29年生まれ

後輩や部下との関係が良好となります。対人関係からチャンスに恵まれるでしょう。人との縁を大切にしてください。

★生まれ年に「庚」(かのえ)がある人

昭和25.35.45.55年 平成2.12.22年生まれ

災難ごとを免れるもしくは災い転じて福となる運気の1年です。病気の回復も早く健康を保てる1年になります。もしも持病をお持ちの方は「自分自身が病気を直す」という強い気持ちを持つと早く回復に向かっていきます。

★生まれ年に「辛」(かのと)がある人

昭和26.36.46.56年 平成3.13.23年生まれ

金運に恵まれる年です。財の安定を意味する1年でもあります。株や投資などチャレンジしてみるのも吉です。自分に合った金運アップの方法を考えてみてください。

★生まれ年に「壬」(みずのえ)がある人

昭和27.37.47.57年 平成4.14.24年生まれ

独身の人は良縁に恵まれるチャンスがあります。今までと違う自分に変身してみましょう。変化が出会いを呼ぶ年です。夫婦関係は良好になる1年です。結婚は共同のミッションと考えて信頼関係を深めてください。

★生まれ年に「癸」(みずのと)がある人

昭和28.38.48.58年 平成5.15.25年生まれ

兄弟、姉妹との関係が良好です。また友人や同僚との良い縁に恵まれます。疎遠になった兄弟や友人がいる方は、この機会に信頼関係を深めてください。良い結果となります。

鑑定のお知らせ

勢鑑定セッションは時間制です。お時間範囲でしたら、お金・結婚・仕事・家庭など複数のご相談をしていただくことができます。
氣になることがあったらお気軽にお声がけくださいね。

紫微斗数鑑定はこちら

風水教室も募集中です。
お電話でもお気軽にお問い合わせください。

風水教室はこちら

PAGE TOP